products

  • くるくると回り、音色を奏でる風鈴
  • くるくると回り、音色を奏でる風鈴
  • くるくると回り、音色を奏でる風鈴

KURU-RIN

くるくると回り、音色を奏でる風鈴

職人が鉋(かんな)で木を削る時にできる、"かんなくず"をモチーフにした風鈴。夏の豊かな風を受け、涼しげな色合いのヒノキがクルクルと愛らしく回ります。風鈴は、富山県の伝統産業「高岡銅器」の高度な技術を持つ『能作』が製作。音色は職人の手仕上げにより一つひとつ異なり、真鍮素材ならではの澄み切った響きが耳に心地よく広がります。

KURU-RINWind-bell with pleasant tone and spinning motion

There is something comforting about the clear sound which can only be made by a brass wind bell. Manufactured using traditional casting techniques which has been passed down through generations in Takaoka (Toyama Prefecture), this tie-up model with NOUSAKU has a wind-catcher made by Hacoa in the form of wood shavings.

Consists of 60% copper / 40% zinc. (Wind-catcher with Hinoki wood sheet on fabric backing)

能作とHacoaのコラボレーションにより生まれた風鈴「KURU-RIN」
カラー:ゴールド&グリーン
塗装:ウレタン塗装(クリア)
能作とHacoaのコラボレーションにより生まれた風鈴「KURU-RIN」
カラー:シルバー&ブルー
塗装:銀メッキ
能作とHacoaのコラボレーションにより生まれた風鈴「KURU-RIN」
カラー: ピンクゴールド&レッド
塗装:銅メッキ

風鈴部分:(材質)真鍮(銅60%、亜鉛40%)
(サイズ)φ 50×H 128(mm)

木部分:(材質)桧つき板 布地貼り
(サイズ)最大長さ 305(mm)
(塗装)無塗装

重さ:約125(g)

富山県高岡の地に400年もの間脈々と受け継がれてきた鋳造技術を受け継ぎ、極めた鋳物ブランド「能作」

能作は富山県高岡の地に400年もの間脈々と受け継がれてきた鋳造技術を受け継ぎ、極めた鋳物ブランドです。
テーブルウェアやインテリア雑貨、照明器具や建築金物などを通じて、伝統工芸品である高岡銅器の魅力を今に伝え続けています。
『より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る。』
能作はこれからも、技術と素材を最大限に生かすデザインを探求し続け、高岡の地で人に愛され地域に誇れるものづくりを目指します。

鋳物ブランド「能作」の詳細はこちら